電子マネー等のキャッシュレス普及のメリット

現金の管理が不要になる

電子マネー決済の特徴といえば、なんといってもレジなどで現金の受け渡しが発生しないことです。欧米やアジアの国によっては、決済手段をほとんどクレジットカードか電子マネーにすることで、キャッシュレス化を促進しています。では、キャッシュレス化することでどのようなメリットが発生するのでしょうか。
まず、利用者側のメリットとして挙げられるのは現金を直接管理しなくて済むというものがあります。これまでは財布の中で一万円札と五千円札、そして千円札を分けてしまったり、硬貨は財布の専用スペースに入れるか、あるいは小銭入れを用意してそこにしまったりといった風に面倒な管理をする必要がありましたが、キャッシュレス化すればカードを数枚持ち歩けば済むのです。

店側は強盗被害のリスクを低くできる

ショップ側のメリットとして挙げられるのは、やはり現金の管理が必要なくなることと、強盗に狙われる可能性を低くできることです。特にコンビニの場合、深夜に少人数の店員で営業していることから強盗に現金を奪われてしまう被害が多発していますが、キャッシュレス化が進み、現金を使う人がほとんどいなくなれば、強盗に取られるものがなくなります。強盗からすれば、リスクを冒したとしても得られる現金はわずかなので、わざわざ狙わなくなるわけです。
また、釣り銭に関するトラブルも少なくできますし、レジでの決済処理を早く行えるので、客を待たせる時間を減らすことも可能になるでしょう。キャッシュレス化と合わせてレジの無人化も進めれば、人件費の削減もできます。

皆さんは「電子マネー」を使っていますか?数年前まではまだ国内でも馴染みの無かった電子マネーも年々発達していき、種類が増え、電子マネー決済での対応店舗も年々増えてます。こういった実際の紙幣や硬貨を使わずに支払いをすることを「キャッシュレス」と言いますが、今の日本はまだまだ海外に比べてキャッシュレス化が進んでいないと言われています。今回はキャッシュレスが進む他の国と日本の現状を比較していきましょう。

海外での電子マネー・キャッシュレス化の現状

日本ではキャッシュレス化が進んでない?~日本のキャッシュレス化のメリット・デメリット~

© Copyright Electronic Money Institution. All Rights Reserved.