電子マネー等のキャッシュレス化が日本で進まない原因

治安の良さがキャッシュレス化を遅らせている

日本で電子マネー等のキャッシュレス化が進まない原因の一つに、治安の良さが挙げられます。海外にはスリやひったくり、路上での詐欺などが日常的に行われている国もあり、海外旅行に行って初めて日本の治安の良さを実感する方も多いでしょう。治安の悪い国では現金をたくさん持ち歩くのは危険ですし、偽札も出回りやすいため、キャッシュレス化が進みやすいのです。しかし日本では、普通に生活していてスリなどに遭遇する確率は低く、またお財布を落としても近くの交番に届けてくれる人が多いため、キャッシュレス化のメリットを感じにくい側面があります。紙幣がきれいで現金に対する信頼が高いというのも、日本でキャッシュレス化が進まない要因でしょう。

持っているカードがどこでも使えるとは限らない

もう一つの原因は、支払いサービスの多さにあります。クレジットカードやデビットカード、交通系電子マネーなど、ほとんどの人がどれか一つは持っているのではないでしょうか。しかし、種類によっては使えない場所もあります。クレジットカードが使えるところでも、最低使用金額が決まっている場合、その額に届かない少額の支払いは、現金で行わなければなりません。また地方にはキャッシュレス化に対応していない個人商店なども多く、日本国内のどこでもキャッシュレス決済ができるとは限らないのです。店側にも戸惑いがあります。キャッシュレス化すると、店側にコストがかかるうえに複雑で分かりにくいため、支払い端末の導入に踏み切れないのでしょう。多すぎる支払いサービスをいかにシンプルに分かりやすくまとめるかが、日本でキャッシュレス化を進める上での課題と言えます。

皆さんは「電子マネー」を使っていますか?数年前まではまだ国内でも馴染みの無かった電子マネーも年々発達していき、種類が増え、電子マネー決済での対応店舗も年々増えてます。こういった実際の紙幣や硬貨を使わずに支払いをすることを「キャッシュレス」と言いますが、今の日本はまだまだ海外に比べてキャッシュレス化が進んでいないと言われています。今回はキャッシュレスが進む他の国と日本の現状を比較していきましょう。

海外での電子マネー・キャッシュレス化の現状

日本ではキャッシュレス化が進んでない?~日本のキャッシュレス化のメリット・デメリット~

© Copyright Electronic Money Institution. All Rights Reserved.