日本でキャッシュレス化を進めるには?

長期的に考えるとやっぱりキャッシュレス化

日本はまだキャッシュレス化が進んでいないと言われますが、電車やバス、そして買い物や食事、スポーツのチケットなど現金を使用しなくても購入できるサービスは増えています。手数料やポイントの関係で現金で支払うよりカードで支払い割引を受けたり、ポイントを貯めたりしたほうが得なことも多いです、しかしポイントが多くつく日に必要でないものまで買ってしまい結局高くつくということもありますよね。
今後はさらにキャッシュレス化が進み、現金支払いが少数派になると考えられます。人口減少と機械化が両方進みスーパーのレジのようなものはすべて機械化され、カードやスマホで決済したほうが長期的に見れば人件費より安くつくからです、間違いもほとんどなくなりますしね。

キャッシュレス化は都会から地方に

しかし急速にはキャッシュレス化が進まない事も予想されます。過疎が進んでいる地域や店では新たに機械を導入するよりも人で対応したほうが安く上がるというものもありますし、高齢者の方は現金支払いのほうが慣れていてスマホやカード決済に抵抗があることも考えられます。
スマホで全部できるといってもスマホが不具合起こすこともありますし、全部機械に頼っていると機械に問題が起きた時全部駄目になるので、もう少し厚いケアが必要だと考えます。
キャッシュレス化は徐々に都会から進んでいき、首都圏で上手く行ってから地方へ広がると考えます、そのうちカードとかスマホでもなく、本人が確認できれば支払いが可能になる時代が来るかもしれませんね。

皆さんは「電子マネー」を使っていますか?数年前まではまだ国内でも馴染みの無かった電子マネーも年々発達していき、種類が増え、電子マネー決済での対応店舗も年々増えてます。こういった実際の紙幣や硬貨を使わずに支払いをすることを「キャッシュレス」と言いますが、今の日本はまだまだ海外に比べてキャッシュレス化が進んでいないと言われています。今回はキャッシュレスが進む他の国と日本の現状を比較していきましょう。

海外での電子マネー・キャッシュレス化の現状

日本ではキャッシュレス化が進んでない?~日本のキャッシュレス化のメリット・デメリット~

© Copyright Electronic Money Institution. All Rights Reserved.