急激に進む中国でのキャッシュレス化の現状

もしかして日本って遅れてる?

今、アジア圏の中で最も急激にキャッシュレス化が進んでいると言われているのが、「中国」です。中国の都市部では、ほぼ全てのお店がスマホ決済に対応していると言われています。その為なんと上海の若者たちの半数以上が「財布、現金を持ち歩かない」というのです。日本では信じられない状況ですよね。では、なぜここまで中国でキャッシュレス化が浸透したのでしょうか。それは、スマートフォンのアプリで簡単に決済が出来ること、そしてそのアプリに個人商店を含めたほぼ全てのお店やタクシーが対応していること。また、ネットバンキングを通して個人間送金ができるということが挙げられます。つまり、みんなで割り勘なんてことになっても、スマホのアプリ上ですぐに友人の口座にお金を返すことが出来るのです。そんな便利なことが出来るなら確かにもう現金の入った重たい財布をわざわざ持ち歩かなくてもいいか、という気持ちになりますよね。

なぜ日本ではキャッシュレス化が進まないの?

では、中国やアメリカと同じく経済大国である日本でキャッシュレス化が進まないのは、どうしてなのでしょうか。中国でのキャッシュレス普及率は60%、アメリカでも50%近くという数字が出ています。それに比べて日本では20%と、様々な分野で両国と肩を並べる先進国にしてはかなり低い普及率です。その原因の一つが、日本には決済会社・決済方法が数多く存在し、中国のようにこれが主要だという決済サービスが流行りにくいことです。(他にも色々と理由はあると思いますが)パッと考えただけでも色々な会社が様々なサービスを提供していて何個も頭の中に浮かびますよね。
最近でも大手銀行が次々とキャッシュレス化の政策について発表していますね。さて、日本にキャッシュレス社会が根付くのはまだまだ先なのでしょうか、それともこれを機に日本でもキャッシュレス化が進むのでしょうか。

皆さんは「電子マネー」を使っていますか?数年前まではまだ国内でも馴染みの無かった電子マネーも年々発達していき、種類が増え、電子マネー決済での対応店舗も年々増えてます。こういった実際の紙幣や硬貨を使わずに支払いをすることを「キャッシュレス」と言いますが、今の日本はまだまだ海外に比べてキャッシュレス化が進んでいないと言われています。今回はキャッシュレスが進む他の国と日本の現状を比較していきましょう。

海外での電子マネー・キャッシュレス化の現状

日本ではキャッシュレス化が進んでない?~日本のキャッシュレス化のメリット・デメリット~

© Copyright Electronic Money Institution. All Rights Reserved.