銀行員が大量解雇?北欧での現状

これからの時代、銀行員はもういらない!?

日本では当たり前のようにいる銀行員。実はその銀行員はすでに時代遅れかもしれません。実は北欧では銀行員が大量に解雇される事態が発生ししています。
これはキャッシュレス化・電子マネーが進んでいる北欧の現状が送させています。
わざわざ現金を持ち歩かなくてもスマートフォンやカードを持っていればどこでも支払いが行える以上、現金を持ったまま出歩くのは盗まれた際のリスクが大きいですし、そもそも銀行業務もわざわざ銀行まで出向いて行わなくても自宅のパソコンで簡単に行うことができます。
AIによる業務の効率化によって、必要な人員が減ったことも合わさり、このような理由で多くの銀行員が職を失っている現状に北欧はあるのです。

北欧のキャッシュレス事情

このような状況下でありながら北欧は時代の変化であるという風に受け止めている人がほとんどです。日本と違って福祉が非常に手厚く、失業してもある程度生活する事が可能であるという事があげられますが、もう銀行でお金を下す必要がないほど北欧はキャッシュレス化が進んでいるのです。
例えばフィンランドでは日用品の買い物でカードを使う比率は80パーセントを超えており、すでにカードの決済を用意しないお店は商売が成り立たないとまで言われており、北欧では個人で行える送金サービスが一般的となっています。
このように現金が必要ないくらいにキャッシュレス化が進んでいることと、福祉の手厚さが北欧の銀行員の大量解雇が行われる要因となっているのです。

皆さんは「電子マネー」を使っていますか?数年前まではまだ国内でも馴染みの無かった電子マネーも年々発達していき、種類が増え、電子マネー決済での対応店舗も年々増えてます。こういった実際の紙幣や硬貨を使わずに支払いをすることを「キャッシュレス」と言いますが、今の日本はまだまだ海外に比べてキャッシュレス化が進んでいないと言われています。今回はキャッシュレスが進む他の国と日本の現状を比較していきましょう。

海外での電子マネー・キャッシュレス化の現状

日本ではキャッシュレス化が進んでない?~日本のキャッシュレス化のメリット・デメリット~

© Copyright Electronic Money Institution. All Rights Reserved.